夏の過し方 | 新宿で整体・マッサージの実績20年以上 - 新宿整骨院

口コミ地域NO.1

03-3348-1056

アクセスマップ

夏の過し方

2018/07/26

暑さに負けてしまいそうな日が続きますね。

 

激しい気温や激しい雨で身体も疲れてくる頃です。

 

今日は夏の過ごし方や病の原因についてのお話です。

 

 

東洋医学での病の原因に「六淫(りくいん・ろくいん)」という考え方があります。

 

気候や環境の変化や病原体なども含めて外感病邪(がいかんびょうじゃ)が

 

口鼻あるいは皮膚から身体に外から影響を及ぼします。

 

夏は「暑邪(しょじゃ)」といい、二種類の病態があります。

 

・暑熱の環境によって生じる日射病、熱中症などの「中暑(ちゅうしょ)」

 

・暑い時期にみられる外感病で「暑病(しょびょう)」

 

暑邪は高熱、顔面紅潮、大量発汗、口が渇いて飲食を求めるというような激しい症状が出ます。

 

毛穴を開き津液(しんえき)を消耗しすぎると気(き)も一緒に漏れ出してしまうため、気力が萎え疲れ方も強く出ます。

 

湿度も影響も一緒に受けやすく、四肢の倦怠感、むかつき、気持ち悪さ、嘔吐、下痢、胸がざわつくなどの症状が出たりもします。

 

 

東洋医学的な観点で今年の暑さで情緒が落ち着かなくなり、甘いものをとりたくなるようになる場合があります。
 
 
その場合、香りの強い酸味の効いたものは情緒を落ち着かせます。
 
甘い物は自然な甘みのもの。芋類やとうもろこしなどが季節的に合います。
 
 
体を冷やすにはすいか、寒天、くずきりなどのこもった熱を冷ますものが向いています。
 
 
どちらも少し柔らかい便や下痢気味の方には向きません。
 
 
こういった考え方を食養生と言います。
 
 
食養生は身体を整え健康を保つ基本となります。
 
 
 
 
夏は体を冷やす環境や食べ物が増え、不調に繋がりやすくなります。
 
主な症状は腹痛、お腹の冷え、下痢、全身の冷え、顔色が白っぽいなどがでます。
 
「陽気」という身体を温めるものが足りなくなってしまいます。
 
冷えは血行を悪くさせ、痛みや痺れなどの症状を引き起こしやすいです。
 
・生姜 ・山椒の実 ・みょうが ・シナモン ・にんにく ・にら ・玉ねぎ ・青魚など
 
冷たい料理はなるべくひかえめに。召し上がるなら薬味をいれるといいです。
 
 
 
食事の摂り方で不調になっている方は胃のむかつき、吐き気、胃の膨満感、ゲップ、下痢、軟便などが起こりやすいです。
 
夏は刺身、冷奴、サラダ、そうめん、冷たいお茶やビールなどの冷たいものが並びやすいです。
 
食欲を増進させるために辛いものや味の濃い物も増えますが、弱ってしまった胃腸にはキツく感じます。
 
あっさりした味や消化に良さそうな温かい物がお勧めです。
 
軽く湯舟に浸かるとスッキリ感が出ると思います。
 
・苦瓜 ・冬瓜 ・すいか ・小豆 ・もやし ・緑茶 ・はとむぎ ・うめぼし
 
身体の中に溜まった水分(湿)を排出しやすい食べ物です。
 
 
 
もともと胃腸が強くない方は夏は疲れやすく辛い季節に感じます。
 
食欲不振、慢性的な胃腸の不調、全身の疲労、息切れ、痩せすぎ、風邪を引きやすい、めまい、貧血を起こりやすいです。
 
脾胃(ひい)という消化吸収担当器官が飲食物を消化吸収する事により、身体を動かすガソリン的な役割をする「気(き)」「血(けつ)」を作り出します。
 
この器官の弱さは他の身体の臓器にも影響し、免疫力の低下にも繋がります。
 
夏の不調が秋から冬にかけての風邪の引きやすさに繋がりやすくもなってしまいます。
 
このタイプの方は長湯はしない方がいいです。
 
・白米 ・山芋 ・人参 ・かぼちゃ ・豆類 ・大豆製品 ・とうもろこし ・豚肉
 
胃腸を整え体力を補ってくれます。
 
 
 
こういった事で生活から体調を整える事ができます。
 
新宿整骨院ではこの他に鍼の治療で胃の働きを健やかにする事も可能です。
 
ぜひご相談下さい。
 

トピックス一覧へ戻る

新宿整骨院 face book

03-3348-1056

整体eギフト

交通事故治療

» 交通事故治療専門サイトはこちら

新宿整骨院アメブロ

新宿整骨院

〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-14-17
手塚ビル3F
受付時間:11:00~21:00
土日祝 :12:00~19:30
休診日 :年末年始

03-3348-1056

恵和グループの整骨院
※お近くの院をご利用ください。